Home >> 教育方針・目標

教育方針・目標

数学科の学科概要

選択”広がる”未来への道

学生の多くが教職課程を履修して教職免許を取ります.教員となる人や情報系の企業へ就職する人も多くいます.数学の本質を理解できる人を必要と考える企業が増えているともいわれます.これらのことに鑑みて,解析学, 代数学, 幾何学に加え, 数理情報,計算機科学を数学科のカリキュラムの柱としています.

数少ない”数学専門”の存在

数学科という学科自体,数少ない存在です.しかしながら,根強く残っているのはいつの時代も数学が必要とされていたということです.理学工学,すべてに数学は繋がります.その基本となる数学を専門に学べる場所がここにはあります.

”いつでも”数学科は求められる

情報処理能力と数理的思考.切っても切れないこの2つを抑える数学科の学生は,未来を担う若い技術者としてはかなり有用な幅広い未来性をもって旅立っていくことでしょう.現に情報系の企業へ就職する学生が多くいます.

数学科・学科長紹介

学科長からの抱負・期待

 

 

 

数学科 学科長
江尻 典雄
( EJIRI Norio )
名城大学 理工学部
数学科 教授

本学科で学ぶ数学の内容は多岐にわたります.高校で学んだ文字式やベクトルや微分積分の内容をさらに発展させた代数学,幾何学,解析学などの学習を通して幅広い数学の世界を知るだけでなく,「$1+1=2$,$(-1)\times(-1)=1$は成り立つか」のような基礎的な内容について深く学ぶこともできます.さらに,日常生活に関係が深い数理情報や計算機科学を加えて計5分野のカリキュラムを組んでいます.

そのため,本学数学科の学生の皆さんにはカリキュラムを通して,『ひたすら考える』という時間を作って欲しいです.数学についての疑問に少しでも興味をもち,論理的思考力を養ってもらいたいです.

数学はマラソンと同じです.

学んでいるなかで辛いことや苦しい場面がたくさんありますが,その中におもしろさを見出して欲しいです.皆さんには大学4年間で数学を地道にコツコツと学んでもらい,数学をやっててよかったと卒業後に思えるような学校生活がすごせることを期待しております.

数学科・略歴


19284   名古屋高等理工科学校開校

19479   名古屋専門学校設置 応用物理学科数学分科

19504   理工学部第一部 数学科、同第二部 数学科

19934   大学院理工学研究科数学専攻修士課程増設

19954   大学院理工学研究科数学専攻博士後期課程増設