会長挨拶

 数学会の目的は、「会員相互の親睦を図り、数学及び数学教育の向上に尽くし、 合わせて名城大学数学会の発展に寄与する」と書かれています。
 数学会は1950年6月に第1回総会が開催され、1951年8月には名城大学数学会雑誌第1巻第1号が発行され、 この雑誌は1969年発行の第12巻第1号まで不定期発行で継続されて来ました。
 数学会は、専任教員、非常勤講師、卒業生の研修の場として発足したものであります。 初代会長は加藤平左衛門先生が勤められました。現在では数学会の会員数も4,000人を超えています。
 大学が発展するにつれ数学会も徐々にその内容も変化し、数学科同窓会の色も濃くしています。 他学科の同窓会との違いをみると 、数学会には専任教員も特別会員として所属していることです。 したがって数学会の学内幹事には専任教員が勤めることもあります。
 さて、数学会の活動について述べたいと思います。 数学会では数学科専任教員の本来の仕事の中で手の廻りにくい部分について 出来る範囲で数学科の支援をすることに力を注いでいます。
 数学会では2009年(平成21年)3月から就職支援に乗り出し、月1回の割で 各企業の社長、役員、人事の方々を大学にお呼びして、数学科の就職委員の先生をはじめ学科長及び授業に 支障のない先生方との就職に関する交流会を数学会が中心になって開催してきました。
 また、年1回の数学研究会では、講師の先生をお呼びして、お話をいただき、研修を深め、 交流会も催しております。
 これからも数学会の活動の一環として、これらの支援を続けていく所存でいます。
 私は今まで名城大学の数学科の先生のご指導を受け、大変お世話になり、感謝しています。 その気持から若輩者の私が会長職を引き受けることになりました。
 皆様のご意見を伺いながら数学会を発展させたいと思います。
 どうぞよろしくお願いいたします。

名城大学 数学会
会長 渡辺 孝夫

ページのトップへ戻る